恋のライバルとの関係を改善して前向きに恋愛しよう

恋のライバルとの関係を改善して前向きに恋愛しよう

人生の中で恋愛は大きなテーマです。若者の恋愛離れが加速しているといわれる現代であってもそれは変わりません。
だからこそ、小説や映画、ドラマなどのフィクションでは、次々と恋愛を主題とした作品が生み出され続けているのです。

脳科学の領域から見ると恋愛状態は「異常な状態」なのだとか。ホルモン分泌に異常をきたした状態こそが恋愛に陥った体の状況であり、そうなると人は平常では考えられない行動や想念に囚われがちになります。それまで大事に思っていた友人が、恋を挟んだとたんに対立関係に陥り、敵視するようになってしまう。そんな事態すら容易に引き起こしてしまうわけです。
しかし、人は必ず他者とのかかわりの中で生きています。恋する相手とだけ良好な関係を築いていても、人生を豊かに向上させるには不十分です。
恋愛のジレンマと付き合いながら恋敵にまで配慮するのは難しいかもしれませんが、お互いに譲れない希望を挟んだライバルほど深くお互いを理解し合える人物はほかにいないでしょう。ぜひ関係性を改善し、前向きな人間関係を目指すようにしてください。

恋のライバルとの関係を改善するおまじない

恋のライバルとの関係を改善して前向きに恋愛しよう

恋敵からの恨みつらみは蓄積すると人生の抜けないトゲになりかねません。このおまじないは、恋愛を挟んで差し向けられた負のエネルギーを回避し、相手との関係を改善させるためのものです。
恋を挟んで気になる人物がいる際に試してみてください。

■用意するもの
・きれいな水:コップ1杯
・塩少々
・シナモンスティック
・自分の髪の毛1本
・布
・針と糸

■おまじないの手順
・まず月夜を選んで必要な道具を用意します
・月光を受ける場所に水を満たしたコップを置き、塩ひとつまみと髪の毛を入れます
・さらにシナモンスティックをコップに浸します
・自分を悩ませている恋敵について思い浮かべ、助けてほしい旨を唱えます
・シナモンスティックと髪の毛を取り出して清潔な布の上で乾かします
・乾いたら載せておいた布で包み、形を整えて縫い付け、口を閉じます
・出来上がった布包みを、恋のライバルに縁がある場所に置きます

このおまじないに効力を持たせるポイントとして、使い終わったコップの水を捨てる際に自分の手足をすすぐようにすること、そして、出来上がったアイテムが呪物であると相手に知られないことが大切です。
おまじないはそれと他人に知られた瞬間に全く意味がなくなってしまいます。それだけならまだいいですが、場合によってはおまじないの反動で何かしらの余波が返ってくる可能性すらありますから、ぜひ十分に気を付けていただきたいと思います。

B !