人生改革の経験者はどのようなきっかけで生き方を変えられたのか

人生改革の経験者はどのようなきっかけで生き方を変えられたのか

自己啓発本がブームになるなど、生き方を変えたがっている人が増えています。
人生の先達者の中には人生の変革に成功した人が少なくありません。彼らはどのようにして自己改革の時を迎えたのでしょうか?
人生を変えよう!
そう思うきっかけや、人生改革の成功例に学ぶ「ポイント」をご紹介します。現在の状況に満足できていない方はぜひご参考になさってください。

「人生を変えよう!」と思い立つきっかけとは

人生にはいやおうなしに変化せざるを得ないタイミングというものがあります。先達の多くはその転換点で人生改革を始めたようです。
例えば、誰かが亡くなったとき。
ほんの僅かでも縁のある誰かが失われると、その欠落は意外なほど強く縁者の魂を揺り動かすもの。存在そのものが不安定になるので、「自分」を保つために自己をよく振り返るようになります。すると、自然にそれまで抱えてきた不安や不満が膨れ上がり、変化を求めるというわけです。
また、ほかのきっかけとしてはごく単純にキャリアの転換点があります。
進学。就職。失職。
さらには自然災害や健康上のトラブルなど、状況を丸ごと変えてしまうような出来事が「改革」に向かう爆発的なエネルギーを生み出すのだと考えられます。安定して続く日常の中で人生改革に立ち上がった例は少数派です。ただし、ゼロではありません。
計画的に人生を変えたいと望むのであれば、「何かが起こる前」に計画する意識を持つようにするといいでしょう。

人生改革の成功例に学ぶ「ポイント」は?

人生改革の経験者はどのようなきっかけで生き方を変えられたのか

人生改革に成功したという声を分析すると、いくつか成功のための「ポイント」が浮かび上がってきます。
まず大切なことは、「改革を始めたら継続すること」です。
生き方を変えるために転職を伴う改革を始めたケースを考えてみてください。途中で手を止めてしまえば、新しい職場でも理想的な生き方はできないのではないでしょうか。
次に、「ひとつひとつ目標を達成していくこと」です。
改革と言ってしまうと一挙に目標を達成しなければならないと思われるかもしれません。しかし、自分自身を大きく変えるにはどうしても時間がかかります。人は生きてきた時間のぶんだけ積み重なった要素で人格を形成しているので、単に根底からひっくり返せばいいというものではないのです。身近な目標。中期的な目標。最終的な目標と、段階を踏んで達成していくことをおすすめします。
最後に、「前向きであること」です。
ポジティブシンキングを身に着けるようにしましょう。ネガティブな思考は改革のエネルギーを削いでしまいますので、とても大切な要素です。

いかがでしたか?
これまでなんとなく人生に満足できなかったという方は、そもそものエネルギー不足や、ネガティブ思考のせいかもしれませんよ。
自分が変われば人生は変わります。ぜひ改革に挑戦してみていただきたいと思います。

B !