人生の失敗を避けるために! 「小さな間違い」を見逃さない方法

人生の失敗を避けるために! 「小さな間違い」を見逃さない方法

「人生に失敗はつきもの」だといいます。また、「失敗は成功の母」とも。
しかし、実際には小さな失敗から人生が転落に向かってしまう人が多いのではないでしょうか。
人間関係のほんの小さな齟齬がきっかけでぎくしゃくしてしまったり、友人との縁が切れてしまったり。あるいは、仕事上のトラブルに発展したりといったケースも考えられます。

人生をどん底に突き落とす「失敗」は、先駆けとして小さな間違いが潜んでいる場合があるのです。多くはそのときに見逃してしまい、問題が大きくなった段階では解決の糸口すら見いだせなくなります。
成功者は基本的に「小さな間違い」を見逃しません。大きな失敗を避けるためには、どうすれば「小さな間違い」に気づけるのかを理解しておくといいでしょう。

「小さな間違い」を見逃さない習慣を身に着けよう!

人生の大きな傷に発展する可能性がある「小さな間違い」は、「とげ」とも言い換えられます。とげはあらゆるところに潜んでいます。
代表的な例が人間関係のとげです。
人とコミュニケーションする中で生まれるとげは、自分や相手の心の内側に発生するため目に見えません。ただし、サインは必ずあるもの。
楽しくやり取りしていたのに突然沈黙が場を支配した、ほんの少し返事に間が開いたなど、手掛かりはささやかです。逐一拾い上げるのは難しいですが、この場合のとげは積み重なって成長します。なので、気づくべきタイミングはとげの発生当初だけではありません。そこが救いになるはず。
とげが伸びきって「自分」に突き刺さる前に気づくことが重要なのです。

仕事における「とげ」に気づくポイントも、人間関係の場合と似ています。物事には必ず流れがありますから、流れが不自然に滞った地点がとげの所在だと考えるといいでしょう。
人と交流する際には必ず相手をよく観察し、いつもと何か変わったところがないか。相手がリラックスできているか。態度に不自然なところがないか。逐一確認する習慣を身に着けるようにしてください。

小さな間違い(とげ)を見つけたらどうすればいいの?

人生の失敗を避けるために! 「小さな間違い」を見逃さない方法

小さな間違い(とげ)は、とにかく「気づくこと」が大切です。とはいえ見つけただけでは問題解消とはいきませんから、発見次第対処するように心がける必要があります。
問題の芽となる要素は誤解であるケースも多々見られます。誤解であるなら誤解を解く努力を。失言によって怒りを買ったのであれば許してもらう努力を。仕事上の失敗であるなら、名誉を挽回する努力をしましょう。
いったん信用を失ってしまえば、再び信頼してもらうために長い時間と労力を費やさなければなりません。

「小さな間違い」のサインについては、習慣的に意識して過ごすことをおすすめします。

B !