幸せを引き寄せる「幸運体質」になるための5か条

幸せを引き寄せる「幸運体質」になるための5か条

何か良くないことが起こると、ついつい不運のせいにしていませんか?
よく「自分は運が悪い」と嘆く方がいらっしゃいます。確かに運気の作用は否定できませんが、そうした流れは自分の在り方が引き寄せているものです。
万物は気の巡りによって成り立っています。そこに上昇の気が集まるかどうかは「運」というよりも、そのものの在り方次第なのだと考えてください。

幸せになりたい、幸運を引き寄せたいと願うのであれば、次にご紹介する「幸運体質」になるための5か条が参考になるはずです。

「幸運体質」は作れる! 5か条で自分を変えよう

ここで言う幸運体質とは、前向きなエネルギーや幸運が勝手に寄り付いてくる性質のことです。それには自分自身がポジティブになる必要があります。
人間にはもともと「気」が備わっているのですが、思考が後ろ向きならばその力はマイナスに傾き、前向きであればプラスに傾くのです。幸運はプラスに傾いた存在を好むので、「幸運体質」を作るには思考回路から変えていかなければなりません。
では、具体的には何をすればいいのでしょうか?

■幸運体質を作るための5か条
1. 一日一善
「一日一善」は思いがけない効果を持っています。ただし、見返りを求めての施しは逆効果。無償の心を大事にしてください。

2. 毎日感謝!
常に感謝の気持ちをもって過ごしましょう。「運が悪い」という恨みは感謝を忘れたときに生まれます。いつも誰かに助けられて生きているのだという自覚が大切です。

3. 思考回路の前向き変換
とてもおいしい食べ物が、残りひとくちになってしまい、二度と手に入らないとします。「ああもうこれしかない」と思うのではなく、「あとひとくち楽しめる」と考える。そのように基本的な思考回路を前向き変換しましょう。

4. 失敗を恐れない
万物は流動します。不変なものはありません。だからこそ人は安定を失うことを恐れるのですが、失敗を恐れて努力を放棄したとき、人の持つ「気」の流れは停滞します。よどみには悪いものが引き寄せられるので、いつも勇気を忘れずに行動するようにしてください。

5. 常に誠意を!
人と人との縁は幸運を運ぶ「道」です。人との出会いに感謝し、相手のために行動する意識を持つようにしましょう。

離婚したい……泥沼の関係を終わらせるおまじない

自分本位な人間にはそれ相応の運気が寄り付くもの。人や物を大切にし、敬意を払う人物は他人に好かれますよね。「幸運体質」で引き寄せたい「幸運」は、生き物ととてもよく似た性質を持っています。人間関係の状態が幸運体質を作れているかどうかの指標になるはずです。
不安になったらぜひ周囲を観察してみてください。良縁に恵まれていると感じたならば、努力の方向性が合っていた証拠。ぜひそのまま前に進んでいただきたいと思います。

B !