The statues of St. Jerome in Bethlehem

スピリチュアルと科学

最近のスピリチュアルでは、

よく量子論が登場してきます。

 

この手のはしりって誰だったかな~と回想してみますと・・・

今では伝説の霊能者、高橋信次先生だったと思います。

 

E=mc²

 

こうした方程式を霊的観点で説明していたのは、

当時昭和40年代としては、

とても衝撃的なことでした。

 

今では、そうしたことを誰しもが口にしています。

 

あれから、数十年。

確かに、時代は進歩したのだと思います。

 

47歳でこの世を去るあたりも、

さすがだなと思います。

 

未だかって、彼を超える霊能者を見たことはありません。

 

最近でも、ダリル・アンカさんのバシャールとかありますが、

やはりそこそこでしかないです。

 

あれだけの衝撃をもたらした人物はいないでしょう。

 

結構、私の年代では、そのことを知っている人が、

スピリチュアル系には多くいますので、

あまり衝撃を受けないのです。

 

ただ、今や、大物の時代から等身大の時代へと変化しました。

 

ですから、大きなカリスマよりも、

等身大の先生。

それがちょうど良いのだと思います。

 

先の方程式

E=mc² は、この世でのエネルギーを表しています。

 

しかし、あの世の方程式ではこうです・・・

 

E=∞

 

要は、mという質量とcという光速度=時間に、とらわれている世界がこの世です。

 

この世に生まれて来た瞬間に、

質量と時間を有します。

 

しかし、あの世に旅立ちますと、

質量と時間を失います。

 

と、いいますか、

本来の自分に戻るのです。

 

肉体をまとうということは、

質量と時間を有するということです。

 

これを諸行無常といいます。

 

しかし、私たち霊的なる存在は、

本来、諸法無我なのです。

 

これを悟るには、涅槃寂静の境地に到らねばなりません。

 

諸行無常のことわりが、この世の法則だとすれば、

 

あの世から見た世界は、諸法無我なのです。

 

見えていると思っているものは、実は単なるエネルギーの凝集体にしか過ぎず、

本来は目には見えない実相なるエネルギーによって出来上がっているのです。

 

ですから、あの世へ還れば、

 

E=∞

なのです。

 

握一点、開無限。

 

これが、私たち魂の真実の姿なのです。

 

スピリチュアルと科学。

 

これは、永遠のテーマです。

 

この世にいる私たちからすると、永遠のテーマです。

 

霊界科学を解き明かしながら、

一歩一歩、宇宙時代へと向かっているのです。

B !