占い師は稼げないって本当?副業からでも1,000万円を超える具体的方法

占い師は稼げないって本当?副業からでも1,000万円を超える具体的方法

「占い師を副業でスタートしてみたいけど、稼げないといわれている…」

「占い師を本業にしているけど、全然稼げないし生活が苦しい…」

こんなお悩みを抱えている方も多いでしょう。

西川自身、占い師として働き始めた頃は、専業で行っていたにもかかわらず月収は20万円ほどで、このままでは年収240万円、とても今後長い間食べていける額じゃないと考えていました。

ただ、そこから独立して今では年商1億円を達成しているので、西川が今までやってきた方法を使えば、誰でも稼げない占い師を卒業できるし、副業で占いをスタートしてみようかなと考えている方でも最初から稼げる状態を作れると考えています。

当記事では、占い師で稼げるようになるための具体的な方法を、稼げない理由をベースにお伝えしていきます。

稼げない占い師が副業からでも年収1,000万円を超える具体的な方法

稼げない占い師が副業からでも年収1,000万円を超える具体的な方法

今現在稼げていない占い師の方が年収1,000万円以上になる具体的な方法をお伝えすると、次のとおりです。

  1. 集客力を高める
  2. 商品開発をする
  3. コーチングの技術を使って当たる占い師になる

これらは既に占い師をしていて稼げないと実感している方に特化した内容になっています。

西川自身、独立後に集客で苦労した経験があるので、今現在稼げていない占い師の方は集客に苦労されているのではないでしょうか。

ですから、まずは集客がうまくなってから、商品開発やコーチング技術を使って当たる占い師になっていくといいでしょう。

この3つの内容は、副業から占い師をスタートする方にも向けて後半で詳しく解説します。

稼げない占い師と稼げる占い師の違い

稼げない占い師と稼げる占い師の違い

ではなぜ今現在稼げていないかを知るためには、稼げる占い師との違いを比較してみる必要があります。

具体的に両者の違いを比較すると次のことがいえます。

  • 稼げない占い師は技術ばかりに注力している
  • 稼げる占い師はお客様が満足する確率が高い

それぞれを詳細に見てみましょう。

稼げない占い師は技術ばかりに注力している

稼げない占い師と自覚している方は、占いの技術ばかりを追い求めている傾向にあります。

こういった傾向を持つ占い師の方ほど「お客様は当たる占いで満足するでしょ?」と勘違いし、占いの技術論ばかりに依存してしまいがちです。

「お客様が集まらないのは占いが当たらないからだ!」と心の中で思っているかもしれません。

稼げる占い師はお客様が満足する確率が高い

一方で稼げる占い師の方は、占いの技術が高いことはもちろん、お客様が満足して帰ることがほとんどです。

お客様が占いに満足すれば、リピート率も上がりますし、口コミや評判で新規のお客様が訪れるといった流れができあがります。

たとえば、お客様から「恋愛運について占ってください。」といわれた場合、稼げない占い師と稼げる占い師では対応にどのような違いがあるのでしょうか。

両者の技術力が同じだと仮定すると次のようになります。

  • 稼げない占い師「恋愛運の占いですね。」
  • 稼げる占い師「恋愛運の占いでも、どういった運を占いたいのでしょうか?」

簡単な例ですし極端でもありますが、恋愛運と一口にいっても「結婚できるかどうか」なのか「恋人ができるのか」なのかといった様々な違いがあるので、お客様が何を望んで占いに来ているのかを把握する必要があります。

「本当に心から悩んでいること」を解決できる占いができれば、お客様の満足度が上がり口コミや評判も上々な占い師となれるはずです。

占い師が稼げない5つの理由

占い師が稼げない5つの理由

稼げない占い師と稼げる占い師の比較が終わったところで、占い師で稼げない理由を確認していきましょう。

  1. 占いをすることが好きである
  2. 当たる占いの技術ばかりに焦点を当てている
  3. 集客に苦戦している
  4. 会社に集客を依存している
  5. 占い師の仕事が「占いだけ」だと思っている

それぞれを詳しく解説していきます。

稼げない理由1.占いをすることが好きである

占い師で稼げていない方の特徴の一つ目は、占い自体が好きな職人タイプです。

というのも、言葉は悪いですが、占い自体が好きな方はお客様を占いが成功するかどうかの「実験体」として扱っている可能性が高いからです。

このような態度は接客にも表れますし、技術を鼻にかければ近寄りがたい雰囲気も出てしまいます。

とはいえ、この記事を読み進めてくれている方は、そもそも占いで稼ぎたいと感じている方だと思うので、こういったタイプは少ないでしょう。

稼げない理由2.当たる占いの技術ばかりに焦点を当てている

次に当たる占いの技術ばかりに焦点を当てている占い師の方も稼ぎにくいです。

稼げる占い師はお客様が心の底で思っている願いや課題を占うことで満足度を上げるため、コミュニケーション能力ありきで考えなければなりません。

もちろん占いの技術が突出していることも必要ですが、技術の奥底にはお客様に寄り添う心があることが大前提です。

稼げない理由3.集客に苦戦している

また、集客に苦戦していて稼げていない可能性も高いです。

たとえば、占いの会社に勤めていても、占った時間で収入が決まりますし、逆にお客様がいない時間は報酬が発生しません。

そのため、実績を積み人気占い師になるためには、そもそものお客様の数が必要になってくるというわけです。

このように占い師の方は常に集客には目を配らなければなりませんし、独立している方は自ら集客しなければならないため、占い会社に勤めている方よりも一層努力が必要です。

稼げない理由4.会社に集客を依存している

占い会社に勤めながら集客ができている方でも、月収が20万円しかない場合は会社に集客を依存していることが原因になっている可能性があります。

というのも、占い会社は集客やシステムを提供するために、占いの料金から30〜50%程度の手数料を貰っているからです。

これは業界が違う会社でも同じなので仕方がないことですが、裏を返せば今の技術のまま独立すれば手数料分がなくなることで2倍程度は稼げるので、集客の依存は低収入になってしまう典型例といえるでしょう。

稼げない理由5.占い師の仕事が「占いだけ」だと思っている

占い師の会社に勤めていて最低限の収入を得られる方がいる一方で、会社に勤めてもほとんど稼げない方は、占い師の仕事が「占いだけ」だと思っている可能性が高いです。

仮に占い師の仕事が占いだけなら、電話占いも数分で終わってしまうでしょうし、チャット占いでも数行の返信をするだけになってしまいます。

しかし、稼げている占い師の方は、数十分、場合によっては1時間以上話すこともあるでしょう。

このような違いは、お客様が本当に課題があると感じている悩みを聞き出し、その結果を占うからこそできるものです。

ですから、占いの結果を伝えるだけではなく、お客様の悩みに寄り添って解決に導くのが占い師の本当の仕事であると考えましょう。

稼げない占い師と稼げる占い師の月収を比較

稼げない占い師と稼げる占い師の月収を比較

ここまで占い師で稼げない理由をお伝えしましたが、月収にはどのような違いがあるのか、口コミをベースに調査した結果を解説します。

稼げない占い師の平均月収と年収

占いだけだと普通に20万前後かも。最初は月10万くらいかも。占いで行列作る人は50万くらいかな?

引用元:Yahoo!知恵袋

稼げない占い師の方の月収は、口コミにあるように20万円前後になる場合が多いでしょう。

西川も占いの会社に勤めた当初は、月収20万円(年収240万円)程度だったので、妥当な数字であると考えられます。

あくまで20万円という数字は、稼げていない占い師の方の中では高いほうの月収になるため、この数値に到達していなくても悲観することはありません。

稼げる占い師の平均月収と年収

逆に稼げる占い師の場合、収入が月に50万円から上は1,000万円までの幅があります。

というのも、占い師が独立開業すれば月収や年収の天井がなくなるからです。

たとえば、西川の場合には独立当初で月商が50万円、今では年商1億円なので月収に換算すると1,000万円程度になります。

このように稼げる占い師の月収は50万円以上から、年収は600万円程度からと考えるといいでしょう。

稼げない占い師から稼げる占い師になる6つのステップ

稼げない占い師から稼げる占い師になる6つのステップ

ここまで月収と年収の比較を行いましたが、今現在稼げていない占い師(もしくは占いを副業としてスタートしようとしている方)から稼げる占い師になるためには以下の6つのステップを踏んでいきましょう。

  1. 技術力を高める
  2. 集客方法を学ぶ
  3. 商品開発をする
  4. 副業から占いをスタートする
  5. コーチング技術を使って実績を作る
  6. 本業の4分の1の時間で月商20万を超えたら独立する

今現在、本業で占い師をしている方は1〜3と5を中心に、副業で占い師をスタートさせたいと考えている方は全部をスミズミまで確認してみましょう。

今回紹介する方法を徹底すれば、たとえ、今から副業としてスタートする方でも年収1,000万円を超えることは簡単です。

STEP1.技術力を高める

稼げる占い師になるためのステップの一つ目は、技術力を高めることです。

どんな業界でも当たり前ですが、一流のプレーヤーの方で技術力が身についていない方はいません。

占い師の業界に入っている・入ろうと考える方は、基礎となる技術力を日々向上させていくことを欠かさないようにしてください。

そのためには独学で学ぶのではなく、正しい方法をしっかりと伝えてくれる講座や学校に通うのが一番の方法でしょう。

STEP2.集客方法を学ぶ

続いては技術力を日々鍛錬するとともに、集客方法を学んでいきます。

占い師はお客様がいて初めて報酬が手に入る職業なので、正しい集客方法を自らできるようになるのも大切です。

とはいえ、独立の前や副業のスタートとして占いの会社に所属する方もいるはずです。

そこで、会社に所属する方と独立開業する方の二通りの集客方法を以下で紹介します。

会社に所属して集客する方法

独立前・副業のスタート時点では占い会社に所属して占い師のキャリアをスタートさせる方もいるでしょう。

西川も独立前は占い会社に所属していたので、何も負い目に感じる必要はありません。

会社に所属する最大のメリットは集客を会社に全ておまかせできる点です。

ただ、今ではほとんどの会社がWebページをメインにしていることから、占い師として活躍するためには、会社のランキングシステムや、おすすめシステムをハック(うまく利用)する必要があります。

たとえば、よくあるおすすめシステムは待機時間(占いをしなくても待機している時間)が長いと表示されやすかったり、ランキングはお客様満足度が高ければ表示されやすかったりなど様々な特徴があります。

これは各社微妙な違いがありますし、日々変わるため、働きながらシステムの中身を解析して適応するようにしましょう。

自力で集客を学ぶ方法

会社に勤めながらでもできる方法ですが、独立開業する場合には自力で集客を学んでいく必要があります。

今すぐ学べ、かつコストパフォーマンスに優れているのは、以下の二点でしょう。

  • Web集客
  • SNS集客

それぞれどのような方法で学んでいくのか解説していきます。

Web集客

Web集客というと、代表的なのは以下の二点です。

  • ブログ集客
  • Web広告

この中でもほとんどお金を掛けずにできるのが、ブログ集客です。

ブログ集客を学ぶためには、どんな媒体でブログを書き、どんな反応があるのかを確認するのが一番です。

たとえば、西川がおすすめしているのはアメブロのように、後ろに大きなメディアが付いているブログサービスです。

ブログというとワードプレスを使って、サーバーを契約してといった複雑なことを考える方もいますが、まず体験してみることが大切なので、簡単なブログサービスからスタートしてみましょう。

SNS集客

続いて昨今ではSNS集客も学ばなければなりません。

SNSの中でも有名なのは、TwitterやYouTube、Instagram、TikTokでしょう。

特にInstagramやTikTokは、スマホ一つあればすぐに無料で集客できるので、どうすれば多くの方に占いを届けることができるのかを体験してみてください。

仮に多くのユーザーが獲得できれば、あなたの占いをぜひ受けてみたいと考える方が口コミでどんどん増えていく可能性も高いでしょう。

STEP3.商品開発をする

集客方法を学んだら商品開発をしていきます。

稼げていない占い師の方は、そもそも高単価で売れる商品を持っていない方が多いです。

たとえば、1時間2,000円程度でしか売れない占いだと、月50万円を稼ぐためには250時間働く必要があります。

しかし、1時間5,000円で売れる商品ができれば、月に100時間の労働で済みます。

1時間5,000円というと高いと感じるかもしれませんが、電話占いだとどれだけ安くても1分100円なので、1時間にすると6,000円となります。

ですから、あなたのことを好きになったファンの方が他の電話占いよりもあなたの1時間の占いを購入したいと感じる商品を作りましょう。

STEP4.副業から占いをスタートする

商品開発までが終わったら、副業から占いをスタートしましょう。

占い師として本業で働いている方は、所属会社の規約に違反しない形で、新しい商品を試す場を探してください。

商品が開発できたからといって、いきなり独立するのはリスクが高いため、まずは本当に商品が売れるのかを安全な立場からテストしてみます。

そこから購入見込みのあるお客様が現れるかどうかで、商品の開発がうまく行っているかどうかをチェックしてみましょう。

仮に誰も見向きもしないようであれば、仮説段階からやり直し、新しい商品を作ってどんどん試していきます。

STEP5.コーチング技術を使って実績を作る

1時間5,000円の商品が売れるようになったら、コーチング技術を使って実績を作りましょう。

コーチング技術とは、お客様が本当に解決したい悩みを引き出し、これから行う行動をお客様自身が決める手助けをすることです。

たとえば、占い結果の良し悪しに関わらず、お客様に訪れる未来をより良い方向に導く方法を占い師の目を通してアドバイスします。

その上でお客様自身が未来を変えるための行動を決めて実行に移せば、最終的にお客様が求める課題や悩みを解決できるでしょう。

とすると、占いの結果に依存せずに占いが当たるといった口コミが発生しやすくなるはずです。

コーチングを使うと占いではなくなるのでは?

先ほどのようにコーチングを使って実績を作るようにいうと、決まって「占いではなくなっているのではないか?」という質問を受けます。

もちろん純粋な占いをするだけ(占いの技術屋さんになる)なら、コーチングは不要です。

しかし、お客様が占いに頼る心境を考えてみると、占いを受けたいというよりも悩みを解決したいと心の奥底で考えている方が多いでしょう。

ですから、冒頭でお伝えしたようにお客様の満足度を上げリピートしてもらうためには、お客様の悩みを深堀りして、結果を伝える占いではなく悩みを解決するための占いを目指すことが一番です。

STEP6.本業の4分の1の時間で月商20万を超えたら独立する

副業でコツコツとコーチングを使って実績を積むと、たとえ1時間5,000円の商品であってもリピーターの方が増え、お客様が行列を作るようになります。

一般的に正社員として働いていると、月の労働時間の平均は160時間です。

この4分の1の時間、つまり40時間常にお客様がいる状態になれば、月に20万円の収入を副業ながら手に入れられます。

たった40時間で20万円の収入が得られれば、安心して独立できる状態になっているので、本業を辞めて占い師に専念しましょう。

すると、正社員と同様の働きをするだけで、月収80万円以上、年収約1,000万円の稼げる占い師になれます。

占い師で稼げないなら集客と商品価格の見直しを行おう

占い師で稼げないなら集客と商品価格の見直しを行おう

今回の記事では占い師は稼げないかどうか、稼げるようになるためにはどうしたらいいかを詳しく解説してきました。

占い師で稼げない方の最大の弱点は集客が弱いことです。

占い師になったからといって簡単に集客ができるわけではなく、お客様の悩みに寄り添いながら実績を積み上げた先に、行列のできる占い師という結果が待っていることでしょう。

また低額の商品で売れっ子になったとしても、労働時間が長くなるだけで休みなく働かなければなりません。

このような状態では、どうしても稼げていると実感できないので、最低でも時間単価を5,000円にして、それでも売れる占い師を目指しましょう。