レイキヒーリング

レイキヒーリングとは、そもそも霊気と書きます。あるいはもっとこだわれば、靈氣です。

何せ、1922年設立ですから、大正11年です。当然、当時は靈氣と書いたでしょう。

 

レイキヒーリングは、簡単に言えば、手当て療法です。

 

手を当てて、癒していく施術です。

 

「ひびき」というものを感じながら、手当てする根源を探し出し、そこにレイキを流します。

 

そのことにより、患部が癒されていくということが起こってきます。

そうした局部的な施術もあれば、体全体のバランスを整えることもできます。

あるいは、メンタルへの働きかけもできます。

 

レイキのエネルギーは当協会的には他力に当たります。

自力で修行して為すものではなく、他力が及んできて、勝手にエネルギーが流れ込んでいきます。

 

ですので、靈授あるいは伝授、アチューンメントを受ければ、誰でも使うことのできるエネルギーです。

 

特に有効なのは、オーラ調整・幽体調整・患部への働きかけ・痛みの緩和・コリの解消などです。

 

当協会における「レイキヒーラー養成講座」においては、従来のレイキに加え、創始者である臼井甕男の霊指導による伝授を行います。

 

いわゆる直接本人の霊から伝授を受けるということです。

 

そして、メッセージも降ろします。

 

ホワイト系のヒーリングエネルギーであるようなので、そのアセンテッドマスターからのエネルギーも同時に伝授を受けます。

 

そのことにより、より強力にレイキを使っていけるようになるでしょう。

 

しかし、エネルギーワークにおいて重要なことは、その使い方にあります。

 

いくらエネルギーを使えるからといって、スプーン曲げや飲み物の味を変えるようなことに使っていても人々のお役に立てません。

 

ですので、その使い道を霊体・幽体・肉体という三体に分けて解説していきます。

これは、きっと他のスクール等では教えてもらえないことだと思います。

 

レイキヒーラーを育てるというよりは、人様を癒すスペシャリストを育成していきたいと考えています。