憑依の原理

憑依という言葉をよく耳にしますが、それはどんな状態だと思いますか?

憑いているということと同義語と思っていいでしょう。

ここでは、憑いているのと、守っていただいているのは区別しましょう。

憑いている=憑依

守っていただいている=守護・指導霊

 

では、憑依とはどんな状態かといいますと、不成仏霊、地縛霊、浮遊霊、悪霊、悪魔といったマイナス波動の霊に憑かれている状態です。

 

不成仏霊とは、まだ成仏しきれずに、さ迷っている霊人です。

ここでは、一周忌経っても成仏しない霊と認識しておきましょう。

次に浮遊霊とは、先の不成仏霊と同じですが、まだ死んで間もない霊の場合、浮遊していることがありますので、そういったケースと・・・

あるいは、自然霊もここに含めていいでしょう。

虫の霊、動物の霊、樹木の霊、妖怪などです。

本来、精霊界にいるはずの霊が、この世に浮遊しているケースです。

次に悪霊とは、長年執着を持つ続け、自分が本来人間であることすら忘れてしまっている霊です。

大抵の場合、悪魔の手先になっていることが多いです。

ですので、悪魔とはその親分的存在。

通常は、地獄界にいて、天国やこの世には出て来れないように封印されていますが、人々の心の想念によって、同通したり、その人の憑いている悪霊波動に引き寄せられ、地獄界から出て来られるようになります。

 

ですので、憑依とは、自分が発している想念エネルギーが何らかの理由により、悪霊や地獄界と同通してしまっている状態です。

 

憑依から脱する方法は、反省です。

反省法により、心のうちに光を取り込むことで、憑依を剥がすことができます。

ネガティブ波動を手放し、心を一旦解放することで、憑依の影響を受けにくくできます。

誰でも、心が乱れて憑依の影響を受けてしまうものです。

私もそうです。

ですが、それを瞬時に祓い整えられるかどうかが大切なこととなります。

 

この世で生きている以上、心は千々に乱れます。その結果、憑依も起きてきます。

そのことに負けずに、めげずに、心を上向きにしていきましょう。

天上界、天国に心の針を向けていくことで、霊的な光が差し込み、爽快な気分になっていきます。

そのために、反省して自らの過ちを認め、その素直さでもって、謙虚に瞑想していきましょう。

真ん丸な満月を心に描き、柔らかな満月の光を浴び、心地よい気分になってみてください。

そのまま、幽体離脱をして霊天上界へと遊びにいってもいいでしょう。

 

本来光一元。しかして、この世は善悪二元。

光一元の世界をたまには思い出し、この世特有の悪しき波動に負けないよう気を付けてください。