占い師とカウンセラーの資格はどちらを取得するべき?

スピリチュアルカウンセラーの西川隆光です。

占い師とカウンセラーの資格のどちらを取得すべきか?

こうした質問を受けることがあります。

 

結論で言いますと・・・

占い師とカウンセラーが両立できる資格を取得すべし!

 

なぜならば、現在の人気占い師の必須条件として、

・占いが霊視霊感系で当たること

・カウンセリング能力に長け、コーチング、コンサルティングもできること

・ヒーリングスキルや瞑想セラピースキルを兼ね備えていること

・祈願や魔法などのアチューンメントワークができること

などがあります。

 

要は、旧態依然のような占い師スキルでは、

現代は通用しないということがあるからです。

 

ですので、占いができて、カウンセリングもでき、

コーチング的要素をさりげなく入れ、

願った未来を引き寄せる術を持っていること。

これが重要となるわけです。

 

そのベースとして、

霊視、霊感能力と、

ヒーリング能力と、

チャネリングとミディアム能力と、

ライトワーカーとしての能力が問われてきます。

 

そうしたことをトータルに教わらないと、

現場では使い物にならないことになります。

 

単なる趣味ならば、それで良いですが、

プロを目指すなら、上記の部分が必須なのです。

 

西川は、それらを1年かけて教えていきます。

それぐらい本来奥深いものです。

 

時間をかければいいわけではありませんが、

経験智は必要なのです。

 

もし、これから、占いやカウンセラー業などの

仕事を目指すなら、この両方のスキルを

ぜひ身に付けてみてください。

 

スピリチュアルマスター養成講座の

無料動画プログラムでは、

その辺りのことを詳しく説明しています。

ぜひご活用ください。

「スピリチュアルマスター養成講座 無料動画プログラム」

それでは、また。