霊能力で占いをして当たる方法

霊能者歴25年のスピリチュアルカウンセラー西川隆光です。

霊能力で占いをして当たるには、

どんなことをトレーニングするべきか?

答えは、単純で、霊能力を高めることで、

当たる占い的なことができるようになります。

 

もの当て的な占い手法は、

基本的には低級な霊能力ですが、

方便としてそうしたことも大切な時もあります。

 

たとえば、

「あなた最近○○しましたね?」

「何でそんなことわかるのですか?」

といった対話がセッションの中にあったりします。

 

霊能力の中でも、

霊視、霊感、マインドリーディングなど

洞察系の能力を使い、

もの当てをしていくわけですが、

 

大切なことは、当てることではなく、

当たることです。

 

当てにいっているのではなく、

当たっているという結果がそこにあればいいのです。

 

相手の状況をリーディングして、

その状況を相手に伝えた時に、

相手が勝手に当たっている・・・

と感じてくれれば、それで良いのです。

 

当てることが、私たちの仕事ではなく、

当たることで、ラポールが形成され、

信用を得て、その後のメッセージや

アドバイスなどをしっかりと

腑に落としていただくことが重要なのです。

 

ですので、霊能力で占い、

さらに当てるということは、

当てようではなく、

その方のより良き未来のために、

ベストなセッションをしようとする

こちら側のマインドセットが大切なのです。

 

スピリチュアルマスター養成講座の講義

において、受講生たちには、

霊能力という広い定義の中で、

私は「神通力」という

神と繋がる能力を要求しています。

 

神と繋がる=神と同通した愛

あるいは、神と同じ悟りという

達観と慈しみから発せられる

霊能力は、人に優しく、厳しく、

ためになる能力となるのです。

 

そうしたことを踏まえ、

真なるスピリチュアルカウンセラーを

これからも輩出していこうと思います。

 

令和4年度のスピリチュアルマスター養成講座

入校案内のパンフレットはこちらからどうぞ↓

https://www.reservestock.jp/inquiry/75737